2015年09月11日

相続紛争 遺産分割問題 ダイヤモンド・オンラインに記事が掲載されました

 人生をダメにする「相続トラブル」の実態と対策
という題名です。このタイトルをクリックしてください。

 遺産分割で揉めた場合を中心に、私のコメントが掲載されています。

 不明な点は、当事務所にお問い合わせください。03-5956-2366

http://diamond.jp/articles/-/69186
【日記の最新記事】
posted by 一朗 at 11:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

遺産分割協議書にサイン したが、この 無効 を争い、 遺産の使い込み の 返還 を求めた事案

Sさんは二人姉妹。父死亡後、姉から遺産分割協議書を見せられサインしたものの、内容は良く確認しなかったと仰います。姉は、相続開始前後父の預金を引き出していました。

実印を押して印鑑証明書まで渡しているので、遺産分割協議書の無効を主張するのは困難であるけれどとSさんに説明し、遺産分割協議無効確認と、引き出し額の1/2の返還を求めて訴え提起しました。

裁判所も遺産分割協議の無効は困難と心証を示し、姉の返済額で和解交渉をしました。

結局、領収証のない使い込み額の1/2相当額で返還することで姉も同意し、和解しました。

姉の代理人が、合理的に姉を説得してくれた結果でした。



相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 14:58 | Comment(0) | 記事一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

遺産分割協議 の際に沢山の 諸経費 がかかりましたが、これは、 遺産分割 に反映できませんか。

遺産分割をするために、よく働く人(法定相続人)が、戸籍を取ったり、遠方の法定相続人に会いに行って交通費を使ったり、沢山経費を使ったとき、これをほかの法定相続人に請求できるでしょうか。
 
遺産というモノの集合への寄与ということを考えている方が多いです。
 
寄与分は、被相続人の生前に、遺産の維持増加に特別の寄与をしたひとは、遺産を先取りできるという制度で、相続開始後には適用がありません。
 
 こうした事案では、寄与分というより、ほかの法定相続人に頼まれた(委任を受け行った)として、委任契約の必要費の請求をするという構成で請求していくことが考えられます。
 
委任契約の場合、遺産から先取りできるのでなく、その頼んだ法定相続人に請求していくことになります。
 
ただ、委任契約が成立したという証明は困難な場合が多いでしょう。法定相続人間で明確に頼んだ頼まれたという関係があったことは少ないと言えるからです。



相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 17:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

遺産分割協議トラブル | 使い込み返還請求訴訟「 勝訴 」の見込み

よく、返還請求訴訟をしたいが、勝つ見込みはありますか、と聞かれます。いくら、きょうだい間の争いで、「お金だけじゃない!」とはいえ、はなっからの負け戦はしたいくない、というお気持ちはよく分かります。
 
その場合、
1 預金の下ろし方
2 相手の言い訳
をお聞きすると、だいたいの見通しはつきますが、「だいたい」であり、やってみなければ分からない、というのが実情です。
 
相手が、どれだけ、合理的な言い訳をするか、その言い訳を崩す証拠があるか、訴訟が進行しないとわからない側面があります。
 
そのとき、やはり、責任追及をしたいという意欲がどれほどか、ということも一つの視点になると思われます。

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 16:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺産分割協議 トラブル 使い込み 事案の 境界線 | 弁護士相談 弁護士費用 法律事務所











posted by 一朗 at 16:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

体罰 と 指導 。 生徒の暴挙。 これを見た、世間の意見が聞きたい。

posted by 一朗 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

相続財産 を 勝手に 使い込んでる場合、返還を求められるのか。| 遺産分割 弁護士 法律事務所 東京

勝手に被相続人の財産を使い込んでいる者がいるとき、不法行為や不当利得として返還を求められますか。

相続開始前後、被相続人の預金などを勝手におろして使っている(推定)法定相続人がいることは、類型的事象といっていいほどよくあることです。

背景は、親族間なので、勝手に使っているという意識が薄いこと、相続が開始したら、ほかの法定相続人と分けないとならないが、それは受け入れがたいと思っていることでしょう。
このとき、相続開始前は、被相続人に無断で預金を下ろしたとして、被相続人がその者に不当利得返還請求ないし、不法行為による損害賠償請求ができ、相続が開始すると法定相続人がこれらの権利を相続したとして行使が可能です。

相続開始後は、預金は法定相続人が相続分に応じて承継するので、それを超えて利得した分について、他の法定相続人は、不当利得ないし不法行為の請求が可能です。

不当利得か不法行為かですが、一番の違いは時効です。前者は行為の日から10年、後者は行為を知ったときから3年で時効にかかります。立証の困難さは同じと言っていいと思います。
これらは地裁で行うべき争訟事項ですので、家裁での調停にはなじみません。家裁で合意ができ、任意で返すという対応はできますが、争いがあるときには、調停では解決できず、地裁でやってください、ということになります。

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 09:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

遺産分割調停 弁護士費用 弁護士 に依頼したいが 費用 が気になる 女性弁護士の小堀球美子法律事務所

遺産相続に関する手続きや問題など、相続に関わるすべてのことにアドバイスできるのは相続専門の弁護士です。
小堀球美子は、あなたが相続人になったその日から、問題解決に向け全力でサポートいたします。

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 18:30 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

小堀球美子法律事務所 女性弁護士 小堀球美子 東京 豊島区 相続 遺産分割 遺産の使い込みなど

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/

小堀球美子インタビュー動画


posted by 一朗 at 16:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

遺産分割協議など相続専門に取り扱う法律事務所-小堀球美子法律事務所

posted by 一朗 at 13:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする