2015年09月03日

遺産分割協議 の際に沢山の 諸経費 がかかりましたが、これは、 遺産分割 に反映できませんか。

遺産分割をするために、よく働く人(法定相続人)が、戸籍を取ったり、遠方の法定相続人に会いに行って交通費を使ったり、沢山経費を使ったとき、これをほかの法定相続人に請求できるでしょうか。
 
遺産というモノの集合への寄与ということを考えている方が多いです。
 
寄与分は、被相続人の生前に、遺産の維持増加に特別の寄与をしたひとは、遺産を先取りできるという制度で、相続開始後には適用がありません。
 
 こうした事案では、寄与分というより、ほかの法定相続人に頼まれた(委任を受け行った)として、委任契約の必要費の請求をするという構成で請求していくことが考えられます。
 
委任契約の場合、遺産から先取りできるのでなく、その頼んだ法定相続人に請求していくことになります。
 
ただ、委任契約が成立したという証明は困難な場合が多いでしょう。法定相続人間で明確に頼んだ頼まれたという関係があったことは少ないと言えるからです。



相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
【日記の最新記事】
posted by 一朗 at 17:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: