2015年01月13日

遺産分割 にまつわる紛争は、 家裁 で解決するべきと考えられますが・・・ 地裁 ? 家裁 ?

遺産分割にまつわる紛争は、家裁で解決するべきと考えられますが、案外、家裁で答えを導けず、地裁へ行ってください、ということがままあります。

法定相続人の地位の確認
遺産の範囲の確認
遺産の使い込みの返還請求
立て替えた葬儀費用の返還請求

こういった事例はよくあるので、判断に迷うことはないのですが、遺産分割の合意を被相続人の生前にしていたとき、亡くなってから遺産分割は必要か?それとも、もはや遺産分割は不要で、地裁で移転登記手続訴訟をするべきか。必要なら、家裁の判断事項と言えます。

遺産が不動産なら、登記をしなければならず、その場合の登記原因は「相続」です。法務局に登記申請するときに、登記原因を特定しないとならず、たとえば、遺産分割の合意とか、和解とか、そういうのは原因にはならないそうです(知り合いの司法書士に聞きました。)。

「相続」であるためには、遺言によるか、遺産分割によるかしかなく、やはり、遺産分割の事前の合意があっても、遺言がない以上、合意に沿った遺産分割が必要なのです。

そうすると、事前の遺産分割の合意があっても、現実に登記を求めるなら、地裁で移転登記手続訴訟をするのでなく、家裁で遺産分割審判を求めることになります。



-----------------------------------------------------------------

遺産 の 使い込み などの トラブル専用ホームページをオープンしました。


弁護士 ブログランキングへ
遺言相続 遺産分割 相続専門の女性弁護士
小堀球美子法律事務所 東京




ホームページ:http://www.kobori-law.com/


■所在地
〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-3-1
新大塚Sビル3階
電話:03(5956)2366
FAX:03(5956)2365

受付時間:AM9:00〜PM6:00


 

■最寄駅
JR大塚駅南口・南大塚通り徒歩5分
営団地下鉄丸ノ内線 新大塚駅

徒歩1分
アクセスマップ
-----------------------------------------------------------------



【日記の最新記事】
posted by 一朗 at 10:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: