2017年07月04日

無断で遺産を使った人の立場を解決【その4】

■■■地裁での戦い方■■■

弁護士選任は必須です。弁護士を代理人にしないで、本人訴訟をするということは、和解ができないということです。そうすると不利な内容で判決が出て、自宅や給料を差し押さえられるという不都合が生じます。とにかく、誠実に対応すること、言うべきことは、証明のできる合理的なものに絞ること、がポイントです。
しつこいですが、ゼロの判決を取ろうというのでなく、裁判官にこれなら仕方ないよねと納得させて、できる限り減額してもらうことを着地点にするべきです。
【日記の最新記事】
posted by 一朗 at 09:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無断で遺産を使った人の立場を解決【その3】

■■■抗弁の種類■■

1、被相続人から頼まれて下ろした→下ろしたお金は被相続人に渡した。下ろした額が多額だと苦しい言い訳です。

2、被相続人から頼まれて下ろした→下ろしたお金は被相続人の必要経費に使った。不法行為であること、不当利得であることは、原告が主張立証すべきですが、実際の訴訟では、裁判所から被告において一応の主張と立証をするよう促されます。そのとき、領収証等の客観的書類を出します。


3、被相続人からもらった。贈与の額が多額、動機がないときには苦しい言い訳です。


4、被相続人から、孫などにあげてと言われて、孫などに渡した。3と同様
いずれも、親族間でのことなので、客観的証拠がないことが多いのですが、ここで、不誠実にすると後で心証的に和解しづらいので、慎重にするべきです。
posted by 一朗 at 09:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無断で遺産を使った人の立場を解決【その2】

■■■結論■■

明らかに金額が小さい、下ろした回数が一回か二回などの場合のほかは、ある程度は返すことを覚悟するべきです。判決でゼロを目指すより、より有利な和解をすることを着地点とします。
posted by 一朗 at 09:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無断で遺産を使った人の立場を解決【その1】

■■■初動行為■■■

最初に、ほかの法定相続人やその代理人弁護士から、説明を求める通知が来た時には、放っておかないで、一応の説明をするか、弁護士に相談してください。
最初の抗弁と後の訴訟で言う抗弁が異なっていると、信用性がないと思われるので、回答は慎重にするべきです。

これについて、十分練りたいときには、あえて返事をしないという選択肢もありえます。
posted by 一朗 at 09:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

遺産 使い込み 返還請求訴訟 の 主張立証 のしくみ

遺産 使い込み 返還請求訴訟 の 主張立証 のしくみ

使い込みの返還請求を行うとき、原告と被告の言うべきこと証明するべきことは何でしょうか。
※原告=返還請求をするあなた、被告=返還請求を受けるきょうだい

当事者の方はとてもよく勉強されていて、このようにお聞きになる方が最近多いです。
使い込み返還請求訴訟の主張立証のしくみを表にまとめました。ただし、下記表は典型例を想定しており、具体的主張証明の仕方は各事案で異なります。


詳しくは http://souzoku.kobori-law.com/
posted by 一朗 at 11:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

日経新聞「少額の財産でも火種に」


日経新聞から取材を受けました。


「少額の財産でも火種に」

タイトル通りです。相続を軽く考えると大変なことになるケースもございます。

お気軽にご相談ください。

13936516_993693360752108_370604773_n.jpg

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 18:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

NHK あさイチ 遺産相続 相続税 の特集



posted by 一朗 at 09:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

相続するはずのお金を使いこまれた・・・という相談は比較的多い。



こちらのサイトにもあるように、相続するはずの遺産を使い込みするという事件は少なくない。
http://souzoku.kobori-law.com/

相続に関する情報を知ってもらうためには、オフィシャルサイトも参考にしてください。

posted by 一朗 at 12:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

相続という問題に対して基礎知識を。相続チェックリスト!!!

ポイント[1]相続人について
相続人は以下をポイントとして洗い出しを行ってください。
配偶者はいるか/子はいるか/子は嫡出子か/親はいるか/兄弟姉妹はいるか/代襲相続の有無
※故人の除籍(戸籍)謄本を取り、そこから従前戸籍をたどって取り、相続人を確定していきます。
※上記の判断は専門的知識を要しますので、まずは弁護士にご相談ください。

ポイント[2]遺言書について

遺言には厳格な様式を求められます。民法は、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3つの方式を定めていて、いずれかの要件をみたさなければ、無効な遺言となります。
また、遺言により自分に遺産が遺されなかった相続人は、遺留分の減殺請求を行うことができます。
詳しくは「遺言相続とは」をご覧ください。

ポイント[3]相続財産について
相続財産は以下をポイントとして洗い出しを行ってください。
不動産 固定資産納税通知書や権利証を確認。
不動産が特定できたら、不動産登記簿謄本を取得する。
預貯金 通帳を探す。金融機関に残高証明の発行を求める。
金融商品 確定申告書控え等で確認する。金融機関に残高証明の発行を求める。

ポイント[4]遺産分割協議について

遺産分割協議前に、以下のことを確認する必要があります。
相続人の範囲は確定できているか
相続財産のピックアップはできているか
生前贈与(特別受益)を得ている人がいないか
相続人の財産形成に特別の寄与がなかったか
相続財産の分割について詳しくは「法定相続とは」をご覧ください。

ポイント[5]相続放棄について
被相続人が債務(借金など)を残しているなどの理由で相続したくない場合は、相続人は自分の意思により相続を放棄することができます。ただし、3ヶ月以内に相続放棄の申述をしないと単純承認したとみなされますので注意が必要です。
相続の承認などについて詳しくは「相続の基礎知識」をご覧ください。
posted by 一朗 at 15:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

NEW!!! 押印がないなど、形式的要件を欠く遺言でも、裁判所は検認してくれますか。

検認は、遺言書がこのような状態にあることの確認の手続で、これを経たからといって、遺言の有効が確定されるものではありません。主には後の偽造変造を防ぐ役割を持つと行って良いでしょう。ですから、印鑑の押されていない自筆証書遺言も家裁では検認手続をします。そのことと、遺言の有効性は別問題です。

相続専門ホームページ
http://www.kobori-law.com/

遺産の使い込みトラブル専門ホームページ
http://souzoku.kobori-law.com/

借地問題専門ホームページ
http://www.koborilaw-sp.com/
posted by 一朗 at 10:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする